イブランスと柑橘類の相互作用でグレープフルーツとの突然のお別れ。

 

初めてイブランスを受け取りに調剤薬局に行ったとき、薬剤師さんから注意することをいくつか説明していただきました。

 

 

その中で結構「えっ」と思ったのが、「グレープフルーツを食べたり、ジュースを飲んだりなどはやめた方がいい」と言われたこと。

 

薬とグレープフルーツの相性が良くなさそうなことはなんとなく知っていたけど、一緒に飲んだらダメだとか、薬を飲む直前直後はダメだとか、漠然とそんな感じで思っていたのです。

そういうふうに思ってたことを言ったら、

 

「薬を飲んでる期間はってことですよ」

「グレープフルーツ含有食品ってことなので、似たようなフルーツもダメですよ。はっさくとか・・・云々かんぬん」

といろいろと丁寧に教えていただきました。

 

普段からグレープフルーツを好んで食べたり飲んだりはしてませんでしたが、急にダメと言われるとさみしい。

ジュースなんか、たまーに無性に飲みたくなるときとかあるんですけどね。

もう飲めないのかと思うと余計に飲みたくなりますな。

 

グレープフルーツのなにがダメなのか?

グレープフルーツがというよりは、含まれる成分に問題があるようです。

これは乳腺外科の先生と薬剤師さんからも聞いたのですが、「フラノクマリン」という成分が、薬を効きすぎにさせてしまうそうです。

詳しくは下に引用します。

 

 

愛媛大学医学部附属病院薬学部 DIニュース 2012年3月1号 薬物と柑橘類の相互作用より引用』

 

グレープフルーツ以外にも、どのフルーツがダメなのか?

 

愛媛大学医学部附属病院薬学部 DIニュース 2012年3月1号 薬物と柑橘類の相互作用より引用』

 

表になっててわかりやすいですよね。ありがたい資料です。

あともう一つ。

 

東邦大学医療センター 大橋病院薬剤部 おくすりQ&A Vol.04 お薬とグレープフルーツジュースについてより引用』

これもわかりやすいです。

 

まずはこの二つの表を見て、OKなものNGなものを判断していこうかなと思います。

 

乳腺の先生は、「例えばサラダにグレープフルーツが入っていたりとかして、それに気づかず食べてしまった!とかなら大丈夫よ」と言ってました。

 

と言ってもらえても、なんか不安になってしまいます。

柑橘類を食べる前に、大丈夫なのか?って気になってしょうがないし、そもそも柑橘類に手がでなくなったかも。

今のうちだけかなぁ。

 

とりあえずレモンやゆずはOKっぽいので、調味料に入ってても大丈夫そうでよかった。ゆずポン酢とかね、気になってたんですよ。

 

気にし出したらキリがないけど、慣れるまではこの表でチェックしながらお買い物しそうです。

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください