イブランスのお値段とは?

 

先日から飲み始めたイブランス。

前から先生には「高いんだよね~」とは言われていたので覚悟はしてましたけどね。

でも、実際に支払いするまではなんとなく緊張・・・

 

 

まず、処方箋を持って調剤薬局へ向かったのですが、イブランスの125mgは置いてないとのこと。(25mgならありました。)

(まあ、それも先生から「処方箋薬局に在庫がない可能性もある」と言われていたので想定内。)

 

そしたらなんと、薬剤師さんが近所にある他の薬局に在庫確認の電話をかけまくってくれました。

 

なんでそんなに優しいの~!

と、ちょっぴり感動してしまいました。

 

結局、近所の薬局には125mgを置いてるところはなく、どこも25mgしか扱っていませんでした。

取り寄せだろうな~とは思っていたので、そのつもりでいたんですけどね。

 

なんとなんと、薬剤師さんのプライドに火をつけてしまったのか、「また別のルートで今日の営業時間内にはこちらに届くようにします!」と言われ、なんかいろいろスイマセン・・・という状況。

 

郵送もしてくれるようでしたが、家の近所だったので、届いたらお電話をいただき受け取りに行きました。

 

で、現物がこちら ↓

 

↓ こんな小冊子と日誌もいただきました。

この小冊子、イブランスの働きや副作用などの説明がわかりやすく書かれています。

日誌のほうは体調の変化を書くようになっていて、今のとこ体温だけは書くようにしています。

 

で、気になるお値段はというと・・・↓

 

分かりにくいかな?

右上の薬価のところ。

 

1カプセル、22,560円。(小数点以下切捨)

 

1日1カプセルで、14日分の処方だったので・・・

 

一発 KO

 

かるく高額療養費の限度額上限を超えます。

 

分かってはいたけど、

 

ひえ~

 

ですよね。

 

むむぅ・・・新薬おそるべし。

 

でも、効果があるのであれば続けていきたい。

しかし、これを続けていくためには、さすがに働かねば破産しそう。

 

副作用の状態みながら、タウンワークでバイト探しでもしようかな。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください