骨シンチの結果

 

先週骨シンチの結果を聞きに放射線科へ行ってきました。

(ときどき痛みもあるので良い結果は期待せず。)

 

 

朝、旦那さんにも「良い結果は期待してないねん。」と消極的な思いを伝えておきました。

 

 

結果は

 

 

「まずまずと言ったところです」

 

 

だそうです (゜-゜)

 

 

結果の画像を見てみたら、患部(骨盤)のあたりは黒くなってました。それは傷あとみたいなものらしく、骨折した場合などでも黒く写るらしいです。今回の画像と腫瘍マーカーの値を見る感じでは順調にいってそうな感じらしい。

 

同じような患者さんと比べても標準的な結果で、悪くはなってないようです。

 

 

 

で、痛みの原因なのですが、

放射線をあてた箇所の痛みは『よく動く部位のため痛みが長引くことがある』ということ。

放射線をあてた箇所以外の痛みについては『帯状疱疹の後遺症の可能性大』であるということ。

 

放射線をあてたのはお尻の上あたりなんですよね。

でも、体の真横の太ももあたりもときどき痛むこともあり。

この痛みのことを放射線科の先生に言い、「帯状疱疹の後遺症とかではないですよね?」と確認し、念のため帯状疱疹の痕を見てもらったら、

 

「あっ、思ってたよりすごい痕やん!」

「これはひどかったね。これやったら後遺症で痛みが出るかもね~」

「〇〇さん(事務員さん)も見せてもらい~」

と言われ、看護師さんも事務員さんにも見てもらうことに。

 

帯状疱疹はひどかったらしく、痕もきたなく残ってるんですよね。年も年だし、多分もう消えないだろうなぁ。

事務員さんもかわいそうに。

きれいな肌ならいいけど、わざわざブツブツの痕を見せられるなんて・・・

 

放射線科の先生にも帯状疱疹が出たことは伝えてはいたのですが、その時にはすでに治った後だったので肌まで見せてなく報告だけだったんですよね。

なので先生も「まさかこんなに!」って感じだったらしい。

 

私も、まさか帯状疱疹の痛みがこういう感じだなんて思ってなかったし、いまだに「ほんまかな・・・」と疑いも持ってたりしますが、まあ今後も体調の変化には注意しながら様子をみていこうと思います。

 

あ、今回の骨シンチの結果を乳腺クリニックにも持って行き、今後の治療についても考えました。

それはまた次回にします。

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください