7クール目 その3(パクリ㉑+アバ⑭)で、卒業

 

7クール目の第3回目をやってきました。

今回はパクリタキセルとアバスチン。

 

 

CA15-3が29。

という結果で腫瘍マーカーの値もなんとかなんとか下がったので、抗がん剤治療は今回で卒業となりました。

 

うちの病院では標準値の上限が30なので、本当にギリギリのギリギリの範囲内。

 

たった「1」低いだけなんて、

「1」って誤差の範囲内じゃない?

今日の血液で検査したら30超えてるんじゃない?

って思ってしまいますが・・・

 

でも、どこかで区切りをつけないと、ずるずる抗がん剤続けていくわけにもいかないし。

ということで、今回で最後。卒業です。

 

今後の治療の詳細は骨シンチの結果を見てからゆっくり決めることになりましたが、先生の頭の中には大体の治療の考えがあるらしく、サラリサラリと薬の名前を言ってました。

今度詳しく聞こうと思っていたのでメモしてなくて、薬の名前は忘れてしまったのですが、

 

「この薬も高いんですよね。」

「高額医療になると思う。」

 

という言葉だけは覚えてます。

 

ハァ・・・

 

抗がん剤終わったら医療費も変わると思ってました。

 

甘かったーーー!

 

どうしよう。いつまで払えるのかな。とかいう不安がどーっと押し寄せてきますが、今はまず抗がん剤治療を卒業できたことを前向きに考え、これからの体調管理に気をつけていきたいと思います。

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください