ホルモン療法の副作用

ホルモン療法を再開してもうすぐ2カ月が経とうとしています。

 

2カ月前にリュープリンをして、病院を出る前に行ったトイレで生理が始まり、「止める治療を始めたのに、始まるなんてなんというタイミング・・・」と少し笑えました。

 

生理がくるタイミングだっただけってことなんですが、なんか、自分の体がなんとか頑張ってリュープリンに抵抗した気がしました。

 

 

それから1カ月を過ぎた辺りからホットフラッシュが始まってます。
更年期に似た症状ですね。

 

顔がカーーーっと熱くなる感じ、ツライです。

ただ我慢して耐えてますが、どうにか対処法はないものなのでしょうか。
今は夏なので、扇子で仰いでても自然なんですけどねー。冬までに体が慣れてくれたら嬉しいけど、そんなに甘くはないでしょうね・・・

 

あと、最近しんどくなることがあります。(ごくごくたまにですが。)
熱は無いけどしんどい感じや、少し気持ち悪いとか。

 

主治医に相談したら、「ホルモン治療始めたから、ホルモンバランスが関係していると思う。」と言われました。

5年前も経験している症状なのですが、あの時は抗がん剤治療もしていたので、「体調不良の原因は抗がん剤の副作用だ。」と思っていました。ホルモン治療の副作用はホットフラッシュだけだと思い込んでいたかも。

 

実は違ったのかなー。

 

 

しかし、ホルモンバランスって何なんでしょうね。
グラフみたいなのはよく見るけど、だからって今の自分がどんな状況なのか全くわからない。

なんでバランス悪くなったら顔が熱くなるのか・・・全く意味がわかりませんが、ただ、世の更年期障害に悩む方々は本当に大変だったんだなぁ、と身に染みて感じています。

以前の職場にも、悩んでるマダムがいたんですよね。「それは大変ですねぇ。」とか軽く言っちゃってたけど、今になって「理解できていなくごめんなさい!」と反省しています。

最近は、街でホットフラッシュっぽい人を見かけると、「わかるわかる、しんどくて大変ですよね。あと少し頑張って!」と心の中で応援しています。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください