3クール目 その3(パクリ⑨+アバ⑥)と、腰痛その後

3クール目の第3回目をやってきました。

今回はパクリタキセルとアバスチン。

 

 

今回はいつもの担当の先生だったので、改めて腰の痛みについて相談。

現在の症状や血液検査の結果を見ながらずいぶん話しこみ、とりあえず大丈夫だろうということになりました。

CTやPETも、抗がん剤が終わってから考えます。

予定では残り1クール。

 

今回も、腫瘍マーカー(CA15-3・CEA)が少し下がっており、先生から「順調だね」と言っもらい、ホッと一安心。(単純)

 

今回、診察終わり際に「ちょっと考えすぎなところがある。まだまだ治療は始まったばかりと言っていい。いまからそんなんじゃ気がもたないよ。」 と言われました。

 

たしかにね、気分が下がり気味の時に痛みとか出ると、もう最悪なんですよね。焦ってどんどん深く沈んでいってしまう・・・

今回は先生の「順調だね」の言葉で、少し前向きに戻りました。

言葉のチカラってすごいですね。

私も、チカラを持つ言葉をさりげなく言える人になりたい。

 

病院帰りに少しだけ知り合いに会い、話をしてまた元気をもらいました。

知り合いが参加した忘年会でかなり酔いつぶれた人がいて、1次会で飲みまくる→2次会で急に青ざめる→住所も言えなくなり家に送るのも大変(最終的には正気に戻った)。という、ベタなドラマみたいな話なんだけど、本当にそんなことあるのかって内容に大爆笑。

大爆笑のあとはなんだかスッキリしました。楽しい時間も元気の源ですね。

 

人と会うのって面倒だなーと思ってしまうタイプですが、今は誰かから元気をもらうことが多くてありがたいです。私も誰かの元気の源になれるよう、面倒くさがらず少しマメに連絡だけでもしたりしてみようかな。







1 個のコメント

  • 腰痛にも効きます。試してみよう。
    一人でも多くの人が治ることを祈ってメールします。  強力に自然治癒を促す最強の必須栄養素です。  史上最高のサプリです。  現代人は不足しており、サプリで追加投与が必要だというのが、最近の研究です。日光浴や食事では不十分なのです。つまり、絶対的に追加サプリが必要という事です。  最新の研究で、自閉症やアルツハイマー病、癌等は、ヒューマンパピローマウイルスの感染とアスベスト±重金属の汚染の合併と分かりました。難病の割には、治療はいたって安価で簡単です。  平均適量は、ビタミンD400単位x3~4/日とタウリン180㎎x3~4/日です。全身のウイルスやアスベストが尿中に排泄されます。回復を促進させる事が出来ます。自閉症やアルツハイマー病等は、発症3年以内だと劇的に治ります。  近くの薬局で買えない場合は、ネットや又は海外から個人輸入できます。タウリンはリポビタンDなどにも入っている安全なものです。ビタミンDは骨・カルシウム代謝のみでなく、両者とも強力な、そして副作用の殆どない、抗がん/抗ウイルス作用が見つかっています。是非私のブログを参照にしましょう。  ➡ http://blog.goo.ne.jp/nobuokohama 。  あらゆる精神疾患・脳疾患や不眠症、アレルギー、喘息、癌など、全てに応用は可能です。 抗がん剤の副作用も強力に抑えます。ポイントは、追加のサプリが、絶対的に必要という事です。  食事療法や日向ぼっこのみでは、不十分という事です。嘘かどうかは簡単に試せます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください