タキソールとアルコール

わたくし、アルコールが苦手で・・・

というよりも、アルコールを全く受け付けない体質です。

採血時の消毒でさえ赤く反応してしまうので、看護師さんを驚かせることもしばしば。

そんな体質での抗がん剤治療。

ビビりまくったのは「タキソール」。

 

 

事前に、「パクリタキセルは水に溶けにくいので、溶かすためにアルコールが添加されています。」というような説明を受け、内心パニックになりました。

 

消毒でも赤くなるのに?

点滴で直接体に入れる??

急性アルコール中毒になるんじゃない???

 

と、心配で心配で。

もちろん、先生や看護師さんにも体質の説明をして、「本当に大丈夫でしょうか?」を繰り返し尋ねました。

点滴中は看護師さんからの体調チェックが何度もあり、まぁ結局はアルコール中毒なんてことにはならず無事にいます。

しかし、なんで無事なのか不思議です。

コップ一杯のビールを飲んだだけでも吐くのに、血管から注入しても無事なんて???

 

まぁ、飲むアルコールとは違うってことなんでしょうけどね。

個人差もあると思いますし。

私みたいに、アルコール苦手体質の人の経験話とか聞いてみたいものです。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください