パクリ&アバの副作用と退院

パクリタキセルとアバスチンの投与が始まり、体調の様子を見るための一泊二日の入院も無事に終わり、予定通り退院できました。

 

 

投与日の夜は、心身ともに疲れていたので「今日はぐっすり眠れるかな~」と思っていたのですが・・・

 

これがなかなか眠れない!

寝返りしまくり、ベストポジションを探しても見つからず、「もう起きてしまって本でも読もうかな。」と真剣に悩むほど眠れませんでした。

 

浅い眠り → パチリと目覚め を繰り返し、

気がつけば朝。

 

なんか相当緊張しているのかな~と思っていたのですが、

検温にきた看護師さん曰く、副作用で興奮状態っぽくなって眠れなくなる人もいるそうな。

 

緊張ではなかったようです。(;^ω^)

 

他に気分が悪いとかもなく、朝食も完食。

先生の回診もあっさり終わり、旦那さんのお迎えを待ち退院。

退院時も興奮状態だったのか、わりと元気なのでスーパーでお買い物して帰りました。

さすがに家に着いたらホッとしたのか、だんだん眠たくなってきたのでグッスリお昼寝しました。

かなり深い眠りだったようで、微動だにせず眠っていたので、旦那さんが「息してるのか!?」と一瞬焦ったようです。(≧▽≦)

 

お昼寝後の目覚めもよく、どうしようかな~と悩んでいたのですが・・・

行ってきました!京セラドーム!!

野球のシーズンもそろそろ終わりなので、「今年はもう行けないかな・・・」と思っていたのですが、体調も良かったので行っちゃいました~!!!

試合は、小林選手のアクシデントがあったりで胸が痛くなる場面もありましたが、結果はオリックスの逆転勝ち!

(小林選手は8針縫う大けがですが、大事に至らなかったようです。来年また元気な姿を見せてくれる日を待っています。)

 

気分転換は必要とはいえ、ちょっと無理しすぎたかなー(汗)という思いもあるので、その後はゆっくり過ごしております。

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください