放射線治療の照射位置

ついに始まりました、放射線治療。

抗がん剤治療と並行していくので、白血球の数値をチェックしながら進めるため、白血球があまりにも減少した場合、抗がん剤治療は一旦ストップする予定です。

 

 

ところで、昨日の照射位置決めの話なのですが。

 

私の骨転移の場所は骨盤で、痛むところは腰。(骨転移とわかるまでは腰痛だと思っていました。)

なので、てっきりうつ伏せで腰らへんに照射するものだと・・・

イメージは整骨院での腰マッサージの体勢。

お尻丸出しにするんだな~と思っていたのですが・・・

 

いざ、位置決めの際、技師さんに、

「こちらに仰向けで寝てくださ~い。」

「ズボン下げるので腰少し上げてくださ~い。」

「明日からもここまで下げてくださいね~。」

と、仰向けの状態で下腹部にマジックでラインを書き書き。

 

お尻じゃなくて、前が半分出てますがな・・・(*ノωノ)

 

思わず、

「なんかすいません。」

と、あやまってみました(笑)

 

なんかね、機械の方が回ってくれるので、私は仰向けでゆっくりしたら良いそうです。

 

さぁ~、とにかく何事もなく進められるか・・・

一旦ストップしてしまうのか・・・

何かと不安がありますが、体調管理はきちんとして乗り切りたいです。

 

↓病院での待ち時間で、少しずつ読んでいます。

「がんが消えて再発しない バランス料理と毎日つづけた食習慣」

Amazonはこちら

楽天ブックスはこちら

 

著者、林恵子さんがご主人のためにつづけられた食習慣がわかりやすく書かれています。「がんを治す!」というよりは、「がんに寄り添う。」といった内容。

私も、「乳がんとともに生きるんだ。」と思ったタイミングで出会った本。毎日のちょっとした時間にコツコツ読んで楽しんでいます。

栄養素の説明もわかりやすいですし、調味料選びは改めて勉強になりました。

自分のためだけではなく、家族や周りの人のためにもおすすめです。

 

肩の力を抜きながら勉強できる感じでとても好きな本です。イラストもかわいく、読んでいると心温まり癒されますよ。

表紙の写真の雰囲気もとっても私好みで、きっと、著者の林恵子さんも素敵な方なんだろうな~とか、素敵なご夫婦なんだろうな~とか妄想もしてみたり。

こんな風に白いシャツが似合う女性になりたいわ~と、勝手に憧れています。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください