ゾメタ2回目

1回目を経験して、副作用の感じもわかっていましたが、事前に食べられそうなものや飲み物等はとりあえず用意しておきました。

満を持しての2回目です。

 

点滴を無事に終え病院を出て、また前回のお蕎麦屋さんでざる蕎麦を食べ、その日はまっすぐ家に帰って、部屋の掃除などをしながら普通に過ごしました。

 

その翌日目覚めたら…出てました副作用。

 

なんと、右手親指の付け根。
突き指のような痛み。

 

地味ー。

地味すぎるー。笑

 

熱でもなく、肩甲骨の痛みでもなく、右手親指の付け根。

しかし、地味だけどこれが結構痛くて、すぐにロキソニン飲みました。(飲んだら割とすぐに治まりました。)

 

普通に物を持つ時も、少し「うっ…」と痛むので、改めて、普段何気なく使ってる体の一部一部の大切さを実感しました。

やっぱり、普通に生活できることって本当に有り難くて素晴らしいことなんですよね。当たり前のことって、本当はとっても大切なことなんだと・・・

 

そんなことをしみじみと考えさせられる、ゾメタ2回目でした。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください