治療の経緯

現在までの治療の経緯を、超簡単にご説明しますと、

2012年6月 ステージ2Aの乳がん告知

2012年7月 左乳房部分切除術

ホルモン療法(2年)

抗がん剤

放射線治療

 

と治療を進め、しばらくは無治療で過ごしていましたが、

 

2017年7月 リンパ節と骨に転移発覚。

ということで、現在はホルモン治療を再開し、ゾメタ治療しています。

ホルモン治療としては、トレミフェンの服用+ゾラッテックス注射(3カ月おき)。

ゾメタは4週間おき。

で、様子を見ながら今後の治療を決めていきます。

 

以前のホルモン治療はゾラではなくリュープリンで、しかも1ヶ月製剤だったので、毎月あの チックゥゥゥッ という痛みを我慢していました。「イテテテテ」とか言いながら、べつに我慢はできるんですけどね、でも毎月毎月のこととなると多少は「あぁ今日は注射か・・・」と切ない気持ちになったりしてました。

 

今回も、最初の注射はリュープリンだったんですけどね。注射が終わった後に、「またコレ毎月か~・・・」とつい言ってしまったら、先生が「違う痛みになるけど、3カ月製剤のゾラもあるよ。」と提案してくれまして。

 

以前は、ホルモン治療は最初から2年を目途にしていたので、毎月のリュープリンも、「あと〇〇回」とカウントダウンしながら乗り越えてた気がします。しかし、今回は今のところ目途もないわけで・・・ずっと続く治療と考えると、毎月よりは3カ月おきの方が長く付き合っていきやすいかなと、いろいろ考えてゾラですすめることにしました。

 

しかし、リュープリンは1ヶ月製剤だけで、3カ月製剤になるとゾラッテックスしかないってとこに、「病院も大人の事情があるのかなぁ。」といろいろ想像してしまいました。( ´∀` )







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください